【第11回】とどろき紙工房 平成23年8月21日

とどろき紙工房で紙すき体験をする宮本市長

湯江地区で生産されていた和紙「湯江紙」は明治30年ごろには、130戸ほどで生産され、紙質が丈夫で評判がよく、海外へも輸出されていたとのことです。「湯江紙」は昭和40年代に最後の生産者が廃業し消滅しましたが、地域づくり協働事業を活用して復活に取り組まれています。

【第10回】大草塾 平成23年7月16日

大草塾で竹箸を作る宮本市長

大草小学校で行われた「大草塾」。地域の方の協力により、子ども達はいろいろなことを体験します。今回は自分で作った竹箸を使って、そうめん流しを楽しみました。

【第9回】飯盛地域女性団体連絡会議 平成23年4月27日

創作菓子の説明を聞く宮本市長

創作菓子を試食しながら意見交換をする宮本市長

飯盛地域を拠点に様々な活動を行っている5つの団体が一同に会し、「地域づくり」をテーマに第1回の連絡会議が開催されました。会議では地元特産品を活用した創作お菓子も披露され、試食しながら活発な意見交換が行われました。

【第8回】諫早手話サークル 平成23年1月24日

諫早手話サークルであいさつする宮本市長

諫早手話サークルの「防災・減災ネットワーク作り(となりぐみ探検隊)報告会」に出席しました。諫早手話サークルと長崎県ろうあ協会諫早支部では、12年前から「緊急時・災害時における聴覚障害者のネットワーク作り」に取り組んでおられます。今年度は、地域の聴覚障害者や国土交通省、諫早市、社会福祉協議会、自治会、民生委員、ボランティアの方々が、北諫早小学校区のまち歩きをして、災害に備えたマイ防災マップを作成されました。

お問い合わせ
政策振興部 企画政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...