高い木のてっぺんにいる天狗を見つけ、恐ろしくなり思わずしりもちをついた重太夫のイラスト

今回は、山で狩りの仕事をしている重太夫という人のお話です。猪を獲りすぎて、山の神様がご機嫌を悪くしなければよいのですが…。はじまり、はじまり。

昔、多良岳の山奥に重太夫(じゅうだゆう)という猪獲りの名人がいました。鉄砲撃ちの名人と評判で、もう九百九十九頭も獲っていました。あと一頭で千頭になります。
ある日、今日は千頭目をしとめようと多良岳の奥へとやってきました。待ち場で猪が来るのを待ちます。ところが、この日は待っても待っても、猪はやってきません。それでもあきらめずに待っていると、目の前をちょこちょこと通り過ぎるものがあります。ミミズでした。なーんにもすることがないので、ミミズが這って行くのをだまーって見ていると、そのうしろからカエルがぴょんぴょん跳ねながらやってきます。そうしてミミズに追いついたかと思うと、ぱくりとそのミミズを飲み込んでしまいました。ほーっ、と見ていると、そのカエルのすぐ後ろには蛇がやってきていました。そうしてミミズを飲み込んだばかりのカエルにおそいかかると、さっとひと飲みに飲み込んでしまいました。
そのすぐあとです。こんどは猪がやってきました。もう、目の前に猪がいるのですが、重太夫は獲るのを忘れたように、じーっと蛇と猪を見ていました。と、猪はおいしいごちそうを見つけたとばかりに、その蛇に襲いかかり、ぱくりと口にくわえるとおいしそうに、むしゃむしゃと食べてしまいました。
すぐそばにはごちそうを食べ終えたばかりの猪がいます。重太夫はこれが千頭目だ、と鉄砲を構えました。構えながら考えました。「こい(猪)をおいが撃ったいば、次はおいたいね…」
重太夫はなかなか撃てません。とうとう撃つ気をなくしてしまいました。
この猪を撃つと次は自分が食われるかもしれないと、そーっとあたりをうかがいます。「はははは、ははははは」と笑い声が聞こえます。上のほうからです。びっくりして声のするほうを見ると、高い木のてっぺんのところに天狗さんがいるではありませんか。
重太夫は恐ろしくなり、思わずしりもちをついてしまいました。
天狗は「重太夫、よく考えたな、さすがは名人と言われた者だ」と言うと、さっと姿を消し、見えなくなりました。
重太夫は、「これはきっと天狗さんが自分をためしたのに違いない。もし猪を撃っていたら天狗さんにやられていただろうなあ」と、それから猪を撃つのをやめてしまいました。そいばっか。

諫早史談会 川内 知子
絵:中路 英恵さん

※このお話は、小長井地域にも伝えられています。
※「そいばっか」は昔話のおしまいの決まり文句のひとつです。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...