お母さんが生き返って喜ぶ孝行息子のイラスト

今回は、諫早に伝わる「二日やーつ」という風習のお話です。はじまり、はじまり……

むかしね、若い孝行息子がいました。お母さんが病気で「もう暇乞い(お別れ)かもしれんけん娑婆と冥土(この世とあの世)の別れの水のほしかとの」と息子にたのみます。息子は「そんなら、見つけてもろて来っけん」と旅に出ました。それは八月二日の日でした。
ずーっと歩いていくと夜になり、宿にとめてもらうこととしました。そこには同じ年くらいの若者がいましたが親不孝者でした。宿のお母さんは「ほら、こげん親孝行で旅しよらす人のおらすとの、おまや親不孝ばっかいすっ」となげきます。するとその親不孝者の若者が「そいならおいもつんのうで(連れ立って)行こう」と言い出しました。そうして二人の若者は山を越え、野を越えて行きました。ところが、途中、宿の息子は腹がせきだして(痛くなって)、とうとう倒れてしまいました。孝行息子は困りましたが「帰りにはどがんなっとん(どうにか)してやらんば」と思い、草をかけておいて、ずーっと登って行きました。
わかれ道のとこへ来ると、真白い髭のおじいさんがいました。孝行息子はそのおじいさんに「お母さんの病気で、娑婆と冥土の別れ水のほしかて言わすけん、なんしても(どうしても)そん水のあっところを教えてください」とたずねたところ「そうか、そんならこけ、こいだけあっけん、持って行たて飲ますればよかけん」と小さなびんをわたしてくれました。
孝行息子はよろこんでお礼を言い、戻っていると、途中で倒れた若者がその水を欲しがって取ろうとしました。それでなんと、みーんなこぼしてしまいました。もう孝行息子は途方にくれて「こりゃもうせっかくもろた水の、どがんすればよかろかにゃ、なんにしてもまいっぺん(もう一度)、あすこに行たてすがってみゅう(頼んでみよう)」と思って、来た道を戻ります。そうしておじいさんにわけを話し「もうなかでしょか」とたずねると「もうなか、そいでん帰って行きおれば草の生えとって、その草ばかがって(刈りとって)いけば、お前の帰る時分には枯るっ。そいば手でもんでお母さんの痛かところにつけて、やーつ(灸)をすえてみろ」と言いました。
孝行息子はそれを聞くと、急いで草をかがって、持って帰ります。家に届いたのがちょうど二月二日でしたが、もうお母さんの死んでしまっていました。孝行息子はたいそう悲しんで、それでもようよう持ってきたからと、その草をもんでお母さんの背中につけて、やーつをしてやりました。そうしたところ、お母さんが生き返ったそうで「ほんにお前は孝行息子たいね」と喜んだそうです。
それからは二月二日と八月二日にやーつをすえると、丈夫になり長生きするということです。
そいばっか。

諫早史談会 川内 知子
絵:中路 英恵さん

※「そいばっか」は昔話のおしまいの決まり文句のひとつです。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...