フラワーバレンタイン

2月11日(撮影:市民記者 坂本)

お父さんと一緒にフラワーアレンジメント

作品を手にみんなで写真撮影

「バレンタインに花を贈ろう!!」をテーマに、2月11日、飯盛ふれあい会館で「フラワーバレンタイン」が開催されました。
子どもからご年配まで男女120人ほどが参加し、飯盛の特産であるカーネーションなど使用し、講師の指導を受けながら思い思いにアレンジ。日頃の感謝を込めて奥さんや恋人、母親などに贈りたいと、参加者の皆さんは照れながら話していました。この「フラワーバレンタイン」はリピーターも多い人気イベント。会場は生花のやさしい香りとやさしい笑顔に包まれていました。

こながいとれたて市&カキ祭り

2月11日(撮影:市民記者 田﨑)

大勢でかき焼きを楽しむ

かき詰め放題!!

2月11日、「こながいとれたて市&カキ祭り」が小長井中央港で開催。前夜からの雨も上がり、朝早くから多くの家族連れが訪れました。
新鮮な海産物・地元で獲れた農産物が一堂にならび、カキ・ニンジンの詰め放題は長蛇の列で、カキ焼きコーナーでは、炭火を囲んで大きく育ったカキをほおばり「うまかー!」の連発。皆さん、終始和やかなひとときを過ごしていました。

阿蘇神社節分祭

2月3日(撮影:市民記者 田中)

福がきますように

寒風ふきさらす2月3日、多良見町阿蘇神社で「節分祭」が開催されました。おでんやぜんざい、うどんなどが出店され、たくさんの人が集まる中、火焼神事も行われました。お祓いを受けた歳男と宮司による豆まきでは、「こっちにも!」という福を求める大勢の人たちの歓声に包まれていました。

百手まつり

2月1日(撮影:市民記者 中村)

的にむかって矢を放ちます

2月1日、熊野神社(破籠井町)で「百手まつり」が開催されました。12本の矢が放たれ、そのうち6本が命中。的の裏側に貼られた「鬼」と書かれた紙が5本目で落ちると、大きな歓声と拍手が上がりました。
藤本宮司は「春まで冷え込みが続き、8月9月は水の災害、11月は火の災害に注意。気を引き締めてほしい」と話し、集まった地域住民や子どもたちは、今年1年、健やかに過ごせることを願っていました。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...