潮干狩り

4月29日

干潟で貝堀りを行う来場者たち

スコップで採った貝を見つめる親子

アサリ採りを楽しむ家族連れ

4月27日から、高来町金崎海岸で潮干狩りが解禁となりました。
最終日となった29日は土曜日ということもあり、家族連れなど多くの人が訪れ、1,000人を超える人出でにぎわいました。慣れた手つきでどんどん掘る人、干潟の足元に悪戦苦闘する人、潮干狩りそっちのけで泥遊びに夢中になる子ども。お天気にも恵まれ、爽やかな潮風を受けながらいろんな形で潮干狩りを楽しむ様子が見られました。

第29回山茶花高原タコ揚げ大会「あぐうDAY」

4月29日(撮影:市民記者 田崎)

青空を舞うタコ

会場で行われた太鼓の演奏

創作サコを揚げる参加者たち

第29回山茶花高原タコ揚げ大会「あぐうDAY」が開催されました。絶好のタコ揚げ日和に恵まれ、創作ダココンテストに30人以上が家族連れで参加。市内外からタコ愛好者たちも集結し、名人芸も披露され、連ダコ・大ダコ・小ダコなど、たくさんのタコたちが青空をにぎやかに彩りました。

第3回ツクシシャクナゲ祭り

4月29日

開会の挨拶を聞く来場者の皆さん

薄ピンクの花が開き始めたツクシシャクナゲ

薄ピンク色の花が見ごろを迎えたツクシシャクナゲ

高来町しゃくなげ高原で「第3回多良岳ツクシシャクナゲ祭りオープニングセレモニー」が行われました。 当日は、雲一つない青空。主催である高来町山林協議会をはじめ、地元自治会や平成28年度に苗寄贈をされた諫早東ライオンズクラブなど、多くの方が参加し、おにぎりを手に高原内を散策し楽しく鑑賞していました。 当日はまだ3分咲き程度でしたが、ゴールデンウィーク期間中に一番の見ごろを迎えそうです。

県立総合運動公園春まつり2017

4月29日(撮影:市民記者 中村)

特設ステージで太鼓の演奏をする天満太鼓の皆さん

花苗を選ぶ来場者たち

太鼓の演奏を披露する諫早農業高校の皆さん

ツツジの花も満開の中、県立総合運動公園では「春まつり2017」が開催されました。特設ステージでは、4グループ競演で勇壮な太鼓の演奏が披露され、会場は大盛り上がり。野菜花苗の配布や、体験イベントなども行われ、市内外からたくさんの家族連れが訪れ、にぎわいを見せていました。

第4回諫早グルメフェスティバル

4月23日

各店舗の前に大行列をつくって並ぶ来場者

特設テントの中で飲食を楽しむ来場者たち

もちまきで、ステージから投げられる餅に手を伸ばす来場者たち

市役所前中央交流広場で「諫早グルメフェスティバル」が開催されました。
第4回目となった今年は39店舗が出店。地元の食材にこだわった「諫早のウマかもん」が大集結し、熱いグルメバトルが繰り広げられました。
投票の結果、食肉工房のなかが「長崎和牛とイベリコ豚のツインステーキ(ライス付)」で3大会ぶりにグランプリを獲得しました!

本野地区こいのぼり流し

4月19日

本明川の上を泳ぐ鯉のぼり

本明川の上を泳ぐ鯉のぼり

本明川の上を泳ぐ鯉のぼり

本野地区を流れる本明川に、こいのぼりが登場しています!
こちらのこいのぼり流しは、地域の振興と子どもたちの健やかな成長を願い、本野地区振興会が毎年実施しているものです。
今年は約90本のこいのぼりが集まり、川面に吹く涼しい風に揺られながら、気持ちよさそうに泳いでいました。
本野地区のこいのぼり流しは5月14日(日曜日)まで楽しめるそうです。

第13回飯盛地域交流ソフトボール大会

4月16日

ピッチャーの投球に見事にヒットし飛んでいく打球

バットを構えピッチャーの投球を待つバッター

優勝した寺平地区の皆さん

飯盛グラウンドで「第13回飯盛地域交流ソフトボール大会」が開催されました。飯盛地域の17自治会から、10代~50代の年齢別でチーム編成した17チームが参加しました。この大会は、平成25年度の開催以来雨天のため中止が続き、4年ぶりの開催となりました。当日は、優勝を目指し熱戦が繰り広げられ、地域の親睦を図りました。 優勝したのは、寺平自治会の皆さん。おめでとうございます。

諫早つつじ祭り~新緑を愛でる~

4月15日(撮影:市民記者 田中)

諫早公園のつつじと、眼鏡橋を背景に写真を撮る親子

着物姿で写真を撮る女の子達

ふれあいミニ動物園でウサギにさわる女の子

あたたかさが増した4月15日、諫早公園一帯で「諫早つつじ祭り」が開幕。23日まで、つつじと眼鏡橋をバックに数々のイベントが繰り広げられました。
祭り初日は、多くの出店に加え、ゆるキャラ16体が登場。ゆるキャラじゃんけんバトルが行われ、バス停戦隊フルーツレンジャーのみかんレンジャーがセンターの座を手にしました。
また、諫早農業高校の皆さんによる「ふれあいミニ動物園」は子どもたちに大人気!
陽気につられ、多くの市民が繰り出し、美しいつつじや楽しいイベント、おいしいお祭りグルメを楽しんでいました。

平山町・東大川の桜

4月13日

平山町・東大川桜並木の遊歩道

平山町・東大川の桜並木

平山町・東大川の桜並木

平山町の東大川です。川沿いには、たくさんの桜。
春風にのって桜の花びらが舞い散る様子は、とても風情があります。

真崎川こいのぼり

4月13日

真崎川を優雅に泳ぐこいのぼりたち

風に乗って元気に泳ぐ真崎川のこいのぼり

真崎川に今年も元気なこいのぼりの姿がお目見えしました。
こちらのこいのぼり流しは、町おこしの一環として真崎町町内会が行っているもので、この季節ならではの恒例行事となっています。
風にのって気持ちよさそうに泳ぐ色とりどりのこいのぼり。こちらも元気がもらえそうです。

みはる台小学校入学式

4月10日

担任の先生と共に入場してくる新入生たち

名前を呼ばれ手を挙げて元気に返事をする新入生

校歌を斉唱する全校児童たち

教室でそれぞれ椅子に座り、先生の話を聞く新1年生たち

市内各小学校で入学式が行われました。みはる台小学校では34人の新1年生が仲間入り。緊張した様子の新入生でしたが、1人ひとり名前を呼ばれると、元気な返事で応えていました。
小川校長は「皆さんが来るのを楽しみに待っていました」と歓迎。上級生を代表して6年生の児童が「みはる台小は〝あいさつ日本一″を目指していますので、一緒にがんばりましょう。小学校は楽しいことがたくさんです。一緒に楽しい思い出をいっぱいつくりましょう」と呼びかけました。その後、それぞれの教室で先生の話をしっかり聞きながら、新しい教科書などを眺め、これから始まる学校生活への期待に胸をふくらませていました。

白木峰高原・菜の花と桜

4月9日

満開の桜と菜の花を見にたくさんの人が訪れた白木峰高原

諫早平野を見下ろす高台から見た満開の菜の花と桜

雨の合間のすっきりしない空模様で、眺望もいまひとつでしたが、ポカポカした陽気に、多くの人が訪れていました。高原にいると「今年の菜の花はすごくきれいね」「去年もこんなにすごかったっけ?」という声をよく耳にします。 実はその評判にはワケがありました。実は今年から菜の花の品種を変えたそうなんです。黄色のビビッドな発色、青味がかって生き生きとした葉、たしかに違いますね。
菜の花が終わると、薫風に揺れる富川渓谷の新緑、梅雨には森山の図書館から唐比に抜ける道沿いのアジサイ、初夏には唐比ハス園の可憐な蓮の花…と、諫早では四季折々の植物や自然が楽しめます。

多良見町・古川(ふるこ)の桜

4月9日

0407古川の桜 (1)

0407古川の桜 (2)

 

森山商工会前広場の桜

4月7日

森山商工会前広場に咲く桜

森山町の商工会前広場から森山図書館前の遊歩道の桜が見頃を迎えています。
このエリアでは夜間のライトアップも行っていて、幻想的な美しさの桜を楽しめます。

小長井町牧グラウンドの桜のライトアップ

4月7日

ライトアップされた牧グラウンドの桜

小長井町の牧グラウンド。夜空に光を受けた桜の花が鮮やかに浮かび上がっています。 地元有志の皆さんがグラウンド外周のライトアップを始めたそうで、夜桜見物にぴったりの隠れた名所です。

白木峰高原・菜の花

4月4日

見ごろを迎えている白木峰高原の菜の花

青空に映える菜の花

きれいな青空の下で咲く白木峰高原の菜の花

白木峰高原の菜の花が、見頃を迎えています。辺り一面に広がる黄色のじゅうたん、とってもキレイですね。
いつもは菜の花とともに桜も楽しめるのですが、今年は3月に寒い日が続いていたためか、桜の開花が遅れているようです。
菜の花と桜のコンビネーションを楽しめるのは、もう少し先のようです。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...