もりやま桜まつり

3月27日(撮影:市民記者 江田)

ステージで踊る子どもたち

ステージの踊りを観覧する参加者たち

ステージで歌うこどもたち

3月27日、諫早市商工会森山支所前広場で「もりやま桜まつり」が開催。会場の桜はまだ満開ではありませんでしたが、ステージでは馴染みの大正琴やひょっとこ踊り、民謡、フラダンス、バンド演奏、ポップコーンズによるチアダンス・合唱といった楽しいステージが披露され、少し寒さを感じていた体もいつの間にか温かくなりました。

菜の花忌

3月27日(撮影:市民記者 田中)

詩碑前であいさつする主催者

詩の朗読を行う出席者

 

諫早の誇り、浪漫派詩人として活躍した伊東静雄。その伊東氏を偲ぶ第52回菜の花忌が3月27日、諫早公園中腹の詩碑前で執り行われました。諫早中学校コーラス部の合唱に始まり、主催者、来賓者の挨拶、受賞作品や伊東氏の詩の朗読など粛々と進められ、最後に出席者全員が厳かに菜の花を献花しました。

ミモザ忌

3月20日(撮影:市民記者 中村)

0320ミモザ忌(市民記者:中村)①

ミモザ忌であいさつする森会長

諫早市美術・歴史館で諫早市ゆかりの洋画家、野口彌太郎を顕彰した「ミモザ忌」が開催され、多くの芸術関係者が集い、その功績を偲びました。
野口作品の観賞の楽しみ方などの講演や13作品の作風説明もあり、出席者の皆さんは、興味深そうな様子で耳を傾けていました。

山茶花高原スケッチ大会

3月19日(撮影:市民記者 田﨑)

大自然を背景に絵を描く中学生たち

画用紙を膝に乗せてスケッチする参加者たち

春らんまん、前日からの雨も上がった3月19日、「山茶花高原スケッチ大会」が開催されました。
幼児から小・中学生、家族連れも加わった50人余りが参加。大自然を思い思いの構図でとらえに、高原いっぱいに散らばりました。
限られた時間内でしたが、描き上げた満足感はひとしお。楽しいひとときとなったようです。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...