長崎県央看護学校戴灯式

10月30日

ろうそくの火を持つ生徒の皆さん

ろうそくの火を持ち整列する生徒の皆さん

あいさつをする生徒代表

長崎県央看護学校で「戴灯式」が行われました。
戴灯式は臨床実習に出る前に、ナイチンゲールの愛の灯を受け継ぎ、看護職者として精進することを誓うもので、今年4月に高等課程に入学した51期生54人が出席。ナイチンゲール像から灯を分け与えられ、キャンドルを手にした皆さんは、引き締まった表情で看護への決意を新たにしていました。

2014森山よらんね祭り

10月26日(撮影:市民記者 江田)

蛇踊りを披露する子ども達

ステージで地元の浮立を披露する皆さんと観客

祭りを盛り上げる鼓笛隊の子ども達

森山スポーツ交流館前広場で「2014森山よらんね祭り」が開催されました。
保育園児や小学生の演技、地域の伝統芸能が披露されたほか、今年は森山文化協会による「もりやま音頭」総踊りが披露され、いつの間にか来場者も踊りに加わって、ステージは森山一色に染められていました。
最後は、秋の夜空に打ち上げられた花火を眺めながら、家路へと向かいました。

2014いさはやエコフェスタ

10月26日(撮影:市民記者 田中)

会場でいろいろなブースを見て回る皆さん

ステージを見ている観客

諫早で生活排水をはじめとしていろいろな分野で環境保全に取り組んでいるグループの活動の成果、市民への啓発を兼ねて、「2014いさはやエコフェスタ」が中央交流広場において開催されました。
エコが市民に浸透し、本明川がきれいな川に変わっていることを学びました。

いいもりよかとこまつり

10月26日(撮影:市民記者 永池)

大盛りご飯を食べる男子学生のみんな

ステージでダンスを披露する女の子達

長縄とびを飛ぶ子ども達

盛り上がるビンゴ大会の様子

稲刈りが一段落した秋空のもと、飯盛ふれあい会館駐車場において「第16回いいもりよかとこまつり」が開催されました。
中央ステージを囲んで、地元商工会やPTAメンバーによる趣向を凝らした売店が広い会場いっぱいに立ち並び、多くの来場者でにぎわいました。
ステージイベントも多彩で子どもから大人まで楽しめるプログラムが用意されていて、豪華賞品が当たるビンゴゲームや祝い菓子まきなどもあり、大いに盛り上がったお祭りとなりました。

100万本のコスモス祭り

10月26日(撮影:市民記者 木下)

ステージでダンスを披露する女性の皆さん

満開に咲き誇るコスモス

高来町深海干陸地で「第12回100万本のコスモス祭り」が開催されました。
小雨の中の開会式でしたが、徐々に雨もあがり、訪れた人たちはほのかに香る満開の花の中を散策したり、踊り、ライブパフォーマンスなどを楽しみました。

第11回森山図書館まつり

10月25日

子ども達に囲まれるうないさん

真剣に聞き入るおはなし会の様子

「第11回森山図書館まつり」が開催され、多くの来館者でにぎわいました。
保存期限の過ぎた雑誌を無償で配布する「雑誌リサイクル」のコーナーでは、オープンと同時にたくさんの人だかりができるほどの大盛況!!
うないさんも遊びにきてくれて、子どもたちに囲まれ大人気でした。
また、おはなし会には約100人が集まり、みんなで楽しい時間を過ごしました。

第12回いさはや国際交流フェスタ

10月25日

かぼちゃのカーリングで遊ぶ子ども達

ハロウィンイベントを楽しむ子ども達

いさはやアエル商店街・栄町商店街において「第12回いさはや国際交流フェスタ」が開催され、多くの家族連れでにぎわいました。
このフェスタは、毎年ハロウィンの時期に開催されており、今年は国際のど自慢やインド音楽があったり、海外の料理が準備してある食の広場、世界のなぞなぞのスタンプラリーがあったりで、子ども達はハロウィンの衣装に仮装して思い思いに楽しんでいました。

赤米の稲刈り体験学習

10月24日

真剣に稲刈りをする小学生

がんばって稲刈りをする小学生

真剣に説明を聞く小学生の皆さん

小長井町の柳新田で小長井地域3小学校の5年生43人が赤米の稲刈りを行いました。
赤飯のルーツといわれる赤米。縄文時代に日本に伝わった古代米で、ビタミンやミネラルが豊富な健康食として話題を集めています。
たわわに実ったこの稲は、6月に皆さんが田植えを行ったもの。子どもたちはとっても楽しそうな様子で鎌を使い稲を刈っていきました。中には古代人の服装で稲刈りをする児童もいて、皆さんは、いにしえの時代に思いをはせていました。

干拓の里芋掘り体験

10月23日

スコップを持って芋掘り体験をする保育園児の皆さん

何かを見つけた様子の男の子達

掘ったサツマイモを掲げる男の子

6月に干拓の里で芋苗植え体験に参加した保育園児・幼稚園児が、晴天に恵まれた23日に芋掘り体験を行い、収穫の喜び、食育、地産地消について楽しく学びました。

長崎がんばらんば国体閉会式

10月22日

長崎がんばらんば国体閉会式に入場行進する選手の皆さん

応援スタンドに手を振って答える長崎県選手団

閉会式に整列する各県選手団の皆さん

優勝した長崎県選手団の代表者に優勝杯を手渡す秋篠宮様

他県選手団を拍手で見送る長崎県選手団

会場の声援に答える長崎県選手団

長崎県選手団に胴上げされるがんばくん

県立総合運動公園陸上競技場において、長崎がんばらんば国体閉会式が行われました。
長崎県は、男女総合で優勝し、見事天皇杯を獲得。女子総合も準優勝という好成績を収めました。
10月12日から開幕し、11日間の熱戦が続いた長崎がんばらんば国体。多くの感動を私たちに与えてくれました。
選手の皆さんをはじめ、競技運営に携わった大会関係者やボランティアの皆さん、応援に駆けつけてくれた多くの皆さん、大変おつかれさまでした。

美術・歴史館のお・も・て・な・し

10月18日

抹茶のふるまいを受ける女子バレーボール選手の皆さん

諫早市美術・歴史館で抹茶ふるまいが行われました。これは、長崎がんばらんば国体と長崎がんばらんば大会の開催に合わせて来館者への皆さんへのおもてなしとして行われたものです。この日は、バレーボール女子の選手らが訪れ、おもてなしの抹茶を味わいました。

稲刈り体験学習

10月15日

稲刈り体験をする小学生たち

刈った稲を干す女子小学生たち

湯江小学校の5年生が「名水の郷保全の会」の指導を受けながら、自分たちで種もみから育て、田植えをした無農薬・無化学肥料のお米の稲刈りを行ないました。 鎌を使っての稲刈りはとっても楽しそう。
今後、脱穀、もみずりまで行う予定だそうです。 自分で育てたお米はおいしそうですね。

長崎がんばらんば国体(第69回国民体育大会)開会式

10月12日

のんのこ皿踊りを披露する皆さん

マスゲームで描かれた2014の人文字

入場行進する長崎県選手団

炬火台に点火する2人の最終ランナー

選手宣誓を行う長崎県選手団代表の2人

45年ぶりとなる長崎国体がついに開幕。県立総合運動公園陸上競技場において、総合開会式が行われました。
はばたけがんばくんダンスや県民パフォーマンス、がんばらんば体操などのオープニングプログラムが行われたほか、式典では天皇、皇后両陛下御臨席のもと、炬火への点火や選手代表宣誓などが行われ、これから始まる競技に向けて、選手団の心がひとつになりました。

ききつ船津ペーロン大会

10月5日

ペーロン船を一生懸命に漕ぐ出場者の皆さん

喜々津船津漁港で「ききつ船津ペーロン大会」が開催されました。
一般、子供会、中学生など22チームの参加があり、息のあった掛け声やドラの音が鳴り響く中、豪快な櫂さばきで水しぶきをあげながら、熱戦が繰り広げられました。300年以上前から行われている伝統的なイベントとあって、地域内外からたくさんの人が観戦に訪れ、大いに盛り上がりました。

白木峰高原コスモススケッチ大会

10月5日(撮影:市民記者 中村)

真剣にコスモスのスケッチをする参加者の子ども達

楽しそうに作品を作り上げる参加者の皆さん

秋も深まる10月5日、コスモス花宇宙館で18回目のコスモススケッチ大会が行われました。
この日は約70人が参加し、美術講師から絵画指導を受けた後、それぞれの秋景色の描写に独自の感性で取り組み、作品づくりを楽しんでいました。

ちびっこ防火大会

10月3日

レスキュー体験をする子ども達

職員による寸劇を楽しそうに見る子ども達

煙体験コーナーから口と鼻を押さえて出てくる子ども達

市体育館で「ちびっ子防火大会」が開催され、市内の幼稚園・保育園児が参加。火遊び防止の寸劇、煙体験、地震体験、レスキュー体験などが行われました。
防火や消防の仕事について楽しく学んだ園児の皆さんは、最後に「火遊びは絶対にしません」と大きな声で誓っていました。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...