東日本大震災被災地へ出発する上下水道局の職員

東日本大震災諫早市緊急支援本部の設置

諫早市は、東日本大震災で被災した地域を支援するため、平成23年3月14日に東日本大震災諫早市緊急支援本部を設置し、被災地の要望を踏まえた支援活動を継続して行っています。

義援金に関すること

被災を受けた地域の救済のため募金活動を行い、被災地へ救援金を送り支援を行います。市役所及び各支所などに募金箱を設置しますので、皆様の御協力をよろしくお願いいたします。

市受付分(平成26年3月10日現在)

総額 59,863,315円
募金箱 6,777,528円
窓口受付分 53,085,787円

募金箱設置場所
諫早市役所本館1階
各支所
各出張所(10カ所)

送金先(支援先)
お預かりした義援金は、日本赤十字社または共同募金会を通じて、被災地へ送金します。

義援金に関する問い合わせ先
市福祉総務課(電話番号:22-1500、内線:3211~3213)

支援物資に関すること

支援物資については受付を終了しました。
紙おむつ、毛布、お米などたくさんの物資をお寄せいただきありがとうございました。集まった物資はダンボール424箱(4トントラック2台分)にのぼりました。

職員の被災地派遣について

技術職員の長期派遣
福島県相馬郡新地町からの要請を受け、下水道技術職員(平成23年5月から)、道路技術職員(平成24年10月から)及び農業土木技術職員(平成25年4月から)の長期派遣を行っており、現在、下水道技術職員1名、道路技術職員1名、農業土木技術職員2名が現地で施設の復旧に係る設計業務や現場の指揮監督業務などを行っています。
なお、福島県いわき市にも、平成24年10月から平成25年3月まで土地区画整理事業技術職員1名を長期派遣し、土地区画整理事業に係る業務を支援しました。

自治体事務支援活動
自治体事務支援のため、県と県内市町合同で宮城県石巻市に職員を派遣し、り災証明書などの発行事務を行いました。
(派遣期間:平成23年4月7日~平成24年3月17日)
(計:28隊 実人数:86人 延べ:1,314日間)

保健師支援活動
避難者の健康相談・健康チェック、避難者の衛生対策などのため、 福島県福島市、二本松市、猪苗代町に市健康福祉センター所長と保健師(6隊12人)を派遣しました。
(派遣期間:平成23年4月11日~5月1日、7月20日~7月26日、7月30日~8月5日)

給水支援活動
東北地方太平洋沖地震の被災者支援のため、福島県福島市、郡山市に水道局給水車(2隊8人)を派遣し、病院や山間部の集落などへ給水活動を行いました。
(派遣期間:平成23年3月14日~27日)

ボランティアに関すること

全国社会福祉協議会の全国ボランティア・市民活動振興センターのホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
被災地でのボランティア活動に関するより詳しい情報を希望される方には、長崎県からボランティアに関する情報の提供を電子メールとファクスにより行っています。提供を希望される方は登録が必要です。
詳しくは、東日本大震災に係るボランティア情報の提供を行います(長崎県ホームページ:外部サイトへリンク)をご覧ください。なお、本登録は市福祉総務課、各支所地域総務課、諫早市社会福祉協議会の窓口でも申し込みできます。

お問い合わせ
総務部 総務課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館 4階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-24-3270

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...