開催日時:
2017年7月23日 @ 1:00 PM – 4:50 PM
開催場所:
諫早文化会館大ホール
諫早市宇都町9-2
参加費:
無料
主催者:
国土交通省九州地方整備局、本明川流域減災対策協議会(長崎河川国道事務所、長崎県、諫早市、長崎地方気象台)095-839-9879

~諫早大水害から60年、地域防災の新たなステージへ~

平成29年は、昭和32年7月に諫早地域に甚大な被害をもたらした諫早大水害から60年の節目の年に当たります。
そこで、フォーラムを通じて、諫早大水害を語り継ぎ、あの大水害を教訓に、地域のみなさんとともに「地域防災力の向上」や「災害に強いまちづくり」をめざしていきたいと思います。
ぜひこの機会に本明川の「防災や減災」について自分自身、御家族、地域、職場などで考えてみませんか?
フォーラムと同時に、大水害当時の写真、これまでの本明川の河川整備、防災情報の入手方法を展示したパネル展のほか、小さいお子様も体験できる降雨体験機や消防はしご車への試乗が無料体験できる災害対策車の展示も行っています。
「防災や減災」を感じ取ることができるフォーラムとなっていますので、ぜひお越しください。

内容
基調講演、諫早大水害体験者談、河川整備・減災取組報告、パネルディスカッション、壁新聞コンクール表彰、斉唱

同時開催
パネル展:諫早文化会館2階展示室 11時30分~17時30分
災害対策車等展示:諫早文化会館屋外スペース 11時30分~15時30分
シャトルバス運行予定(諫早駅周辺-諫早文化会館)